営業の仕事に携わる知人が、成績優秀な先輩からそのノウハウを盗もうと、秘訣の伝授を聞き出すと、特に何もしていないと言われたそうなのです。もちろん、営業成績の優秀な先輩の日々の活動を見習って、勉強熱心に、商品知識などに関しては、常に新しい情報を収集し、お客様のあらゆるニーズに応えられるよう準備は怠らない、そんな毎日を過ごすのですが、その後ろ姿を追っても、追っても成績は離されるばかりです。自身の営業成績に悩みを抱えていた知人が、ある日、先輩のプレゼンに参加した時でした、あることに気付いてしまったのです。他の先輩方のプレゼンに参加した時に、襲ってきた眠気が、成績優秀な先輩のプレゼン時には、一切、感じられなかったと言うのです。プレゼンに参加した一同が、先輩の声に聞き入っていたと、意気揚々と話してくれました。実際、営業や社内、社外のプレゼンの際、緊張してなかなか思うように声が通らないので、最近では、ボイストレーニングを受けるビジネスマンも増えていると耳にしたことがあります。先輩の声に秘密があると、分析した知人は、先輩にどのような発声法を身につけたのか尋ねてみると、先輩自身は、学生時代から合唱部に所属していて、現在も社会人合唱団に所属して声部としてはテノールを担当しているそうなのだ。真面目な知人は、その話を聞いたその日の帰りに、ゴスペルサークルや、合唱サークルと称される門戸を叩き、その入会資料を集めに街中を駆け回ったそうです。今は、まだ、歌うことにもクライアントさんの前でのプレゼンにも自信は持ちきれていないそうですが、歌うことで、自身の壁を乗り越えると、意気揚々と語ってくれました。