使用頻度の高い基礎的な合唱用語をご紹介していきます。

 

●アカペラ・・・伴奏のない、無伴奏合唱スタイル

●暗譜・・・楽譜を暗記して、譜面をみずに歌うこと

●ヴィブラート・・・声を震わせて発生する

●音感・・・音に関する諸要素を聞き分ける能力

●音程・・・2つの音の高さの感覚

●ゲネプロ・・・本番前のリハーサル、予行練習

●子音・・・母音に添えられる音

●スキャット・・・特に意味のない言葉を、発して歌う。JAZZに多く使用される。

●スコア・・・全パートが記されている楽譜。総譜とも呼ばれる

●バミる・・・演奏者の立ち位置を示す位置を確認しやすくテープなどでマークをつける

●パート・・・声部

●ファルセット・・・裏声

●譜読み・・・楽譜を読んで練習する

●ブレス・・・息継ぎ

●和音・・・3つ以上の音が同時に響く時の要素

 

分からない言葉が出てきた時は、辞書や時点を引く習慣をつけましょう。

言葉の意味を理解することで、音楽的知識が蓄積され、すぐには活用されなくとも、いつの日か開花します。

◎おすすめの合唱団員募集なら第九・レクイエム・水のいのちの合唱団員募集と海外演奏旅行のエムセック